車の売却額を少しでも大きくするものには、中古車を売却時期、タイミングというのも影響があります。わざわざ店頭まで車を運転して売却額査定をしてもらわなくてもインターネット上で車専門店に中古車の査定の問い合わせをお願いすれば、あっという間に売却額査定の算出をすることができますが、所有する愛車を損をすることなく乗り換えることを配慮すれば、気を付けるべきことがあるといえます。どのようなものがあるかと言えばまず走行距離でしょう。走行距離というのはマイカーに対する買い換え金額の査定をする上で影響の強い目安とされることなのです。何kmくらいの走行距離で売りに出すのがベストかと考えると自動車の査定額に差が出てくる基準は50000kmという話ですから、50000kmをオーバーするより前に見積もりをしてもらって売るとよいと思います。メーターが30000kmと100000kmでは査定対象車の売買相場は変わってきます。また車検が挙げられます。当然車検というものはお金が掛かっている分車検時期までの残月数が長いほど見積額は上がると思えると思いますがそういったことはなく、実際には車検時期は中古車の売却額査定にはあまり影響がありません。このような事は少しやってみたら明確にわかるでしょう。車検に出す前は売る時期としてはタイミングがいいということになります。一方査定額を吊り上げるために、車検を受けてから見積もりに出そうとするのは車検代が勿体無くプラスに働かないということになります。他にも業者に中古車を買い取ってもらう好機として2月と8月が有名です。というのも、車買取業者の期末が3月と9月というところが多くあるからです。例えば1月に売ろうと考えたとしたらもうちょっと待って2月に中古車の見積もりを頼んで引き取ってもらうのも良い方法です。所有者都合もあるでしょうから、一概にそういったタイミングで売るというわけにもいかないでしょうけれども、できるならそのようなタイミングを狙ってみると良いと思います。