任意整理という言葉は一般には負債整理というようにも言われおのおのの貸し手への返済を継続することを前提とした債務を整理する選択になります。実際としての手続きとしては司法書士の資格者や弁護士の資格を持つもの債権を持つものと債務者の仲介役として相談し、法に従って利息の適用し直しを行いもう一度計算した借り入れた元金にかかる借入利息を減らすことによって3年くらいの期日で返済していく債務の整理の計画です。この任意整理には警察などをはじめ公的な機関が処理しませんのでこれとは異なる処理と比べた場合利用したときにおけるデメリットとなる点が最も小さく、方策そのものが依頼者にほとんどストレスにならないことから、真っ先に比較したほうがよいルートとなります。または、サラ金といった法外な借入金利の場合、法が許している貸出金利を超過して払い込んだ借入金利分においては元金に充当できるとしてもととなる元金それそのものを減額することだってできます。つまりは、消費者金融といったような高い利子を取るところへ長期間返し続けている場合にはかなりの支払額を減額できる場合もありますし十数年返しているケースでは借金そのものが消滅するようなこともあります。借金の整理の良い点についてですが、自己破産手続きとは違ってある部分だけのお金だけを処理していくことができますので、保証人が関連する契約を除き処理していく場合や住宅ローンの分以外について整理する場合等でも申請することも可能になりますし、築き上げてきた資産を処分してしまう必要がないので株式やマンションなどの自分名義の財産を保有していて処分したくない場合にも有力な選択肢になる借金整理の手続きになります。手順を踏んだ後の返済金額と収入額を比較検討しだいたい返済の目処が立てられる場合においては任意での方法を選択することは問題ありませんが、破産申告とは違って借金自体が消えるわけではありませんので、負債の総額がかなりある状況の場合、現実には任意での整理の手続きを踏むのは困難であるということがいえるでしょう。