処分をする車の買取査定の留意点として重要性の高いもののひとつに走行距離がまず考えられます。少なからず走行距離は、愛車の寿命とみなされることも多くありますので、その車の走行距離が長いとそれだけ、見積もりではマイナス面になります。普通は走行距離だけで見れば少ない方が愛車の査定額は上がりますが実はそれほど細かい基準はないので、決められた線を引いて査定額が算出されます。こういったことは現実に自動車を車業者で下取りをする際も重視される見積査定の大きなポイントです。例えば普通車では年間1万キロが基準としてこの線を超えていると一般的に査定がマイナスになるのです。軽自動車だと、年間で8000kmがまた年式が古いのに走っている距離が相当小さいとしても、査定金額が高値になるというものでもありません。本当に実行するとよく感じられると思いますが、自動車は適時乗ることによっても車両のコンディションを維持することができるので短い走行距離の車の場合、破損が起きやすいとも考えられることもあるでしょう。これは自動車を手放す際も一緒です。普通は年式と走行距離についての査定のポイントは、年式と比べて適正な走行距離であるかということです。それからその車の年式というのも自動車買取査定の小さくないポイントになります。十分に把握してるといったかたが多いだと思いますが、普通は年式に関しては最近であるほど査定をする上で優位なのですが、稀にですがそのシリーズに希少価値がある車は昔の年式であってもプラス評価で査定額が出されるケースがあります。、同様種類で同一の年式の場合でも、その年式の中でマイナーチェンジやモデルチェンジなどがされているものは、当然その仕様次第で見積額は変わります。同車種の自動車の査定金額というケースでも様々な要因で車の評価はその時々で変化してきます。