カード使用料の口座引き落としの遅れが頻発している>引き落としの踏み倒しをしていない場合でも請求の支払い日において預金残高が足りないため、カード利用料口座振替が出来ない事態がひっきりなしに起きてしまっている時、カード発行会社が『ずっと金欠のようである』というように判断してしまうために失効という処理になる場合もあります。現金は充分あるはずなのについ忘れて引き落とし不可になったしまった・・・というような行為を続けることも、クレジット会社から見ると信頼できないというクレジットカードメンバーという階級になってしまうから、多額の借入をしているしていないということにかかわらず強制退会という処理がされてしまう場合も事実としてあるので要注意です。金銭にだらしない人への判断の内容は当然高くはないのですから。また、一度でもカード代金の口座振替がされない事象が発生しますとクレジットの期限まで決済でいたとしても次からの契約更新が不可となるケースこともあります。そのくらい重要なことであると把握して、銀行引き落とし日だけは絶対忘れることのないようにするべきであると思います。クレジットカード現金化という契約を使う)クレジットのキャッシング限度額がすでにいっぱいで、これ以上消費者金融からお金を引き出せないことで、キャッシュ化などというようなカードのショッピング可能額を現金に変える方法などを使用するとそれだけでクレカの強制没収という処理がされてしまうケースも存在するのです。基本的にはカード会社ではカード規約にて換金目的のクレカの使用を許可していないのであるから、クレカをキャッシュ化する利用=強制退会となってしまってもおかしくないのです。軽く考えてお金が欲しいからといって現金化などというものを使うと、支払い残高の全額支払い請求などというものを頂いてしまう時ですら存在するので、何があっても使わないようにしてください。