融資の利息がどこもよく似ているのは知っている事ともいえますが、利息制限法と呼ばれている規定によりMAXの利率が義務付けられているからなのです。消費者金融などはその法の上限範囲内で別々に決めているので、同じような利息の中でも違いが出るローンサービスを展開しています。それではその利息制限法とはどのようになっているのか見ていきたいと思います。初めに上限利息ですが、10万円未満の貸し付けには年20%、10万円以上100万円未満は年率18%、100万円以上は年率15%までと設定されていて、その範囲を超過する利率分は無効となるはずです。無効とはお金を払う必要がないってことです。しかしかつては年率25%以上の金利で契約する金融会社がほとんどでした。それは利息制限法に反則しても罰則の規定が無かったからです。さらに言えば出資法による制限の年間29.2%の利子が許可されていて、その規定を改訂することは無かったです。実は、利息制限法と出資法の間の金利の差の部分が「グレーゾーン」と呼ばれているのです。出資法には罰則が有ります。この法律の上限利息の枠は超過しないようにきたはずですが、出資法を有効にする為には「キャッシングを受けた者が自分からお金を支払った」という大前提があります。この頃、頻繁にされている必要以上の支払いを請求されるものはグレーゾーンの金利分を行き過ぎの支払いとして返金を求める請求です。法的でも出資法の考え方が認められることはほぼなく、請求が受け入れられる事が多いです。今日では出資法の上限利息も利息制限法と統合され、これにより金融会社の金利も同じようになっていると思います。万が一その事に気付かずに、最大の利息を超す契約をしてしまった際でも、契約が機能しないものとなり、上限枠の利息以上の利子を支払う必要はないのです。それでもしつこく返済を求めるようなら司法書士か弁護士に相談しましょう。そうすることで返済を求めることはなくなると思います。