やっと売買する時という場面では一番に下準備をしなくてはいけません。売買を行う前、起こる事を合理的に調べる事が可能です。だがしかし、一回相場の内部に足を踏み入れると、どうあがいても考え方が客観性を欠くものになる事が多くちゃんとした判断を下せなくなる可能性があります。それゆえに自分の合理的な間に準備が大切です。この”j事前準備”のためには、はじめは自らの筋書きを記す事からスタートします。今後のマーケットは下がる(または上がる)から、NZドルを買う(あるいは売る)というようにあなたなりの筋書きを書いていきます。次はチャートを見ましょう。それ以前の市場の上げ下げを調べて、現在のチャートをチェックします。すると、「現時点ではかなり安すぎる状態になっているな」とか、もしくは「もはやたくさんの投資家が仕かけているから、これから自分がしかけても今となっては間に合わないな」ということが見えてくる。当たり前ですが今さらしかけるのが手遅れだなと思っていたら、何もせず、この場面ではきっぱりとあきらめることか大事です。どうやっても自らの脚本を押し通そうとして、吹っ切らずに新規エントリーすると、相場にやられて、かえって損害を受けることになる危険があります。ただたいがいの場合、事前に準備しているあなたなりのシナリオを作り上げていると仕かけるのが間に合わないなということにはならないでしょう。たぶん、現実に外国為替相場が動意づく前のはずです。続いては、自らが注文しようと検討している外貨の変動を、注意深く点検する事が必要です。もし、ドル高になるだろうというストーリー展開を書いたのであれば該当する外貨の推移に注目する事が大切です。外国為替相場の変動を気をつけ始めた場面ではまだその外貨は誰の眼にも明らかに推移する気配を見せることはなく上がったり下がったり多少の動きを繰り返しているだけだろう。だけど、その上げ下げをきちんと気をつけているとある状況で着実に円安の方向へと変化し始めます。この状況でいよいよ、ドル円の注文をします。基本的に、ここまで慎重に準備をすれば、その売り買いで勝利する可能性はぐっと大きくなります。