クレジットカードを持っているのですが利率が高いように思って、ローン会社に問い合わせしてみたのですけれどもあなたは無担保なのですからこの金利設定なのですと告げられてしまったのです。

無担保キャッシングカードとはどんな意味なのですか。

こうしたご質問に回答していきます。

担保が存するという意味はいかような状態に対することを指すのでしょうか。

キャッシングサービスなどのとき利用目的が任意になってるローンで担保契約していない事例というのが殆どでありそのような事を無担保ローンと呼ぶのです。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

あべこべにマイホームローンなどといったものは購買するものは決まっているので買い入れた物品に対して抵当権などを設定します。

こういったことが有担保ローンというふうに言われています。

有担保ローンに対するメリットというようなものは、担保が存する分利息が低い水準にされているという点です。

そうしたらカードローンに担保というようなものを契約設定しておきまして、利率を低くしておいた方が徳であると思うかもしれないですが、万が一支払い不能になってしまったときは担保物件を取られてしまうことになりますので、そんな無謀なことをしたい人というのはいないでしょう。

そして勤め人のような所得が一定のひとは信頼というものも高く、わざと担保というものを入れなくてもカードを作る事が出来ますが個人事業主の場合ですと収入が安定してないから、担保の設定を求められるケースも有ったりします。

ローン会社は貸し出ししたというだけでは収益がないことになります。

貸し金回収した以降儲けを上げるわけですから、当然な要請なんです。

だから無担保であったとしても借入できてしまう信頼性といったようなものが有るといったことははなはだ大きな値打ちというのが存在します。