免責不許可事由は破産をする人に対して、次のような事項に該当する場合は帳消しを認めませんといった内容を示したものです。ナグモクリニック

だから、極端に言ってしまうと弁済が全くできない方でも免責不許可事由に該当する場合負債の帳消しが却下されてしまう場合があるということを意味します。ジパングドットコム

ですから破産申告を出して債務の免除を得ようとする人にとっては、最も重要な関門がいまいった「免責不許可事由」ということです。ベルタ葉酸サプリ

次はメインとなる内容のリストです。シルキーカバーオイルブロック

※浪費やギャンブルなどで著しくお金を減じたり、きわめて多額の負債を負ったとき。ベル美容外科クリニック

※破産財団に包含される動産や不動産を隠しこんだり、壊したり、債権を有する者に損害が出るように売り払ったとき。シルキーモイスト ファンデーション

※破産財団の負債額を悪意のもとに増大させた場合。viagogoチケット

※自己破産の原因を持つのに、特定の債権者に一定の利得をもたらす目的で金銭を受け渡したり、弁済期の前に債務を支払った場合。ライザップ 汐留

※ある時点で弁済できない状況にもかかわらず、状況を伏せて貸方を信じ込ませてさらなる融資を求めたりクレジットカードなどを利用して換金可能なものを決済した場合。アコム

※虚偽の利権者の名簿を裁判所に提示したとき。ベルタ葉酸サプリ

※免責の手続きから過去7年以内に返済の免責を受理されていた場合。

※破産法の定める破産申請者の義務に反した場合。

これら8つのポイントに該当がないことが要件と言えるものの、この8項目だけを見て詳しい実例を考えるのは多くの知識がない限り難しいのではないでしょうか。

しかも、浪費やギャンブル「など」と書いていることからも分かると思いますがギャンブルといってもそれ自体は具体的な例の一つでしかなく、これ以外にも具体例として言及していない内容がたくさんあるというわけです。

実例として述べられていない条件は、各例を定めていくと限界があり具体例を定めきれなくなるものがあるときや、今までに出された裁判の決定によるものがあるため、個別の事例が免責不許可事由に該当するかは普通の方には判断が難しいことが多いです。

しかし、まさか事由に該当するなどとは夢にも思わなかった人でもこの判断をひとたび出されてしまえば、判断が取り消されることはなく、債務が消えないばかりか破産者としての不利益を7年にわたって負うことになってしまいます。

ということですので、この悪夢を回避するために、破産を選択する際にわずかでも不安に思う点や理解できない点があったら、弁護士に相談を依頼してみるとよいでしょう。