クレカ引き落とし不可のケースが多発している支払いの踏み倒しをしていなくともカード請求金額の引き落とし日に口座残高が不足していて利用料金口座引き落としが出来ないというケースがよく起きてしまっているような場合、クレジットカード会社により『日常的に債務超過のようである』というように予想してくるために強制失効という事態になってしまう場合もあります。草花木果

お金は十分にあるのについつい悪気はなく振り替え不可にしてしまった・・・というような行為を繰り返すことも、クレジットカード会社の視点で見れば信頼することができないクレカ契約者という判断になってしまうため借入をしているかそうでないかに関わらず没収になる時もありうるために注意しましょう。ボニック

ズボラな人への評価というのは高い確率で高くないのです。

さらに、一度でもこういった請求金額の口座振替が不可能となる事実が起こるとクレカの利用期限まで決済できても以後の継続更新ができない時こともあります。

大切なものであると認識して、支払い日に関しては絶対に逃さないようにしてほしい。

クレカキャッシュ化という契約を使うクレジットカードのキャッシング利用枠がすでにいっぱいになってしまい、これ以上ローン会社からキャッシュを引き出せない際にカード現金化などと呼ばれるようなクレジットのショッピング利用額を利用した換金手段などを使ってしまうとそれによりクレジットの強制退会させられてしまうこともあります。

元を正すとクレジットカード発行会社では条文にて現金化する目的のクレジットカードでのショッピングについて許可していないのであるからクレカキャッシュ化利用契約内容違反失効となったとしてもおかしくはないのです。

よく考えずに経済状況が厳しいからといって現金化を利用してしまうと分割払いの残りについて一括請求等をされる場合が存在するので、絶対使用しないようにしてください。