普通車の保険会社は手厚いと宣伝をしますが自動車の事故を起こしてしまった場面で文句無くちゃんと処理してくれるか心配ですよね。

ことさらインターネットや電話で入るダイレクト自動車保険と呼称する実際のお店をが整っていない自動車の保険会社では直接対応していないことが心細い思いになるかもしれません。

しかしながら、通販型と現実の店を備えている自動車保険の会社の対応にそれほど大きな隔たりはないですしダイレクト型のほうがコストが減らす事が出来る分掛金が低いので自動車の事故に巻き込まれなければ月々の保険料を下げることが可能になります。

それなら、保険会社において事故の対応に相違がでるかと聞かれれば答えはイエスです。

その隔たりは店舗型自動車保険、ダイレクト自動車保険という区別ではなくそれぞれの自動車保険によって事故処理をする時間や日付が別になることによります。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

事故はどんな場面でするか分かりませんので事故の対応は1年中対応してくれるところは必須でその上で休みの日や深夜にそのような事故の対応がきちんとされているかを確認してみることが大事です。

業者によっては1年中事故受付と言っていても事故の対応時間が平日でなければ異なり短縮されているところもあったりしますので確認が大切です。

それとは別に、いざという時を考えて車の保険会社の処理拠点も正しく確認しておくことも必要です。

いくら保険屋さんでも事故処理拠点が遠くにしかなければ対応に時間がかかってしまうケースもございますので、家の近くに拠点が存在するかどうかも事故の対応の違いを計る目安です。