直接でないクレジットカードの手法は易しいです。

クレジットによって直で取引できない販売品をストレートに支払うという手段ではなく、二次的に買い付けするのがよりよいでしょう。

概略が簡明な事によりまずは商品券の例を使って話してみようと思います。

モデルとなる人物が価値のあるカバンを手に入れたいと思っているとします。

有名な銘柄のアクセサリーを扱っている所ではカードで支払う事が認められません。譬ェ蠑丈シ夂、セ豬キ豢句喧蟄ヲ

ところがVISA、NICOSなどののギフト券を使えば支払う事を受け入れてくれるといっています。

ですから例になる若者はクレジットで金券を買い取りしてしまってを売っている場所に向かいカードを用いてNICOSなどのギフト券を購入したとします。

そして使ったクレジットカードを使って買い取ったJCB、NICOSなどののギフト券を店に持って足を運び、求めていた有名な銘柄のアクセサリーを買ったとします。

「どうしてその若者は負担のかかる方法をしなければいけないの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、上記で述べた手段を運用することで一般ではもらえることのなかったクレジットカードポイントが得られます。

でも今示した例の時はJCB、MasterCard、NICOSなどのギフトカードをクレジットで買い付けしたので、一流のバックを購入した分と等しい量のクレジットカードポイントが得られるという事なのです。

こういう状態が直接的でなくクレジットカードを活用した事になっているという根拠により、間接的カードと言われる手順です。